Command Line ToolでObjective-Cのお勉強。

objective-c

Posted on 2011-10-11


いつもプロジェクトの作り方を忘れるので自分用にメモ。
もっと良い書き方をマスターしたいってことでObjective-Cの構文を勉強し直してる。

そういうときにプログラム書いてターミナルでコンパイルってのも面倒と言えば面倒。
でiOSのApplicationプロジェクトを作るのはもっと面倒。
そんな時にはCommand Line Toolでプロジェクト作るのがいい。
Xcodeのコンソールで結果を出力しつつXcodeのエディタで補完してもらいながらプログラム書ける。
あと、思いついたことを小さく試すのにもいいと思う。でも、これなぜかしばらくやってないと忘れてしまう。
これはXcode 4.xでやってます。

新規プロジェクト作成。

New Project

プロジェクトのテンプレートを選ぶ画面でMac OSX Applicationの「Command Line Tool」を選び「Next」を押す。

Command line tool

そうするとプロジェクトの名前入力してタイプを選ぶ画面にいく。タイプは「Foundation」を選ぶ。そうすると「Foundation」というフレームワークを利用できるようになる。

Foundation

プロジェクトの名前を入力。

Name

任意の場所に保存。ローカルのgit使うってひとは下のチェックボックスにチェック。使わない場合はそのまま。

Save

これは作成後の画面。ファイルの構成はシンプル。

Open

main.mというファイルが作られるんだけどその中身。NSLogで「Hello, World!」ってコンソールに出力するだけ。

main.m

左上の「再生」のような「Run」というボタンをクリックすると実行されてコンソールに「Hello, World!」と表示される。でiOS開発とかと違って「Stop」を押さなくても自然に止まる。

Run

こんな感じでプロジェクトを作ってObjective-Cを学べ。

shigeki.takeguchi

渋谷の某ソーシャルゲームの会社でフロントエンドエンジニアとして働いてます。20世紀よりウェブ業界。気づいたらアラフィフ業界人です。
まだまだ現場で粘り強く作る側でいたいと思います。

By year

  1. 2017 (10)
  2. 2016 (23)
  3. 2015 (13)
  4. 2013 (15)
  5. 2012 (21)
  6. 2011 (34)

© 2012 shigeki.takeguchi