Reactの学び方(2017年ゴールデンウィーク)、Reactってけっきょく何なのか?

React ES2015 webpack BrowserSync Babel

Posted on 2017-05-01


最初に

ちょっと時間に余裕が出てきたのでReactの知識をアップデートするかってことで学び直してます。
以前やった学んだ時はReactを実践投入することはなかったので今回は実践で投入してサービスとして使えるところまで持っていこうと思ってます。

生のReactを知ろう – JSX、Flux、ES6、Webpackを使わず…

極端なところだけど生というか素のReactってのは何なのかを知ろうとしたらこういうアプローチがいいと思う。
React系は細かくモジュールに分割して必要なものを必要な時に必要なだけって感じで考えられていてReactはまぁViewを作るだけになっている。
けどまぁさすがにwebpackでBrowsersyncとES2015での記述をコンパイルだけでもと思って作ってみました。

今までv1で動けばいいかってことでやってきましたが、とうとうNode.jsも最新(v7.9.0)にしてwebpackもv2で動くようにconfigも書きました。

必要なものあるかどうか確認

node -v

まずはお決まりのNode.js入ってるか確認。

yarn --version

npmでもいいんですがyarn(Node.jsのパッケージマネージャー)が入ってるか確認。 Yarn

webpack -v

webpackも入っているか確認。
もし入ってなかったら

npm install -g webpack

-gオプションはGlobalオプション。

ファイル・フォルダ構成

git clone https://github.com/shigekitakeguchi/yarn-webpack-react-simple.git

https://github.com/shigekitakeguchi/yarn-webpack-react-simple

GitHubから落として使ってください。
カスタマイズなりなんなりして。

cd npm-webpack-riotjs

落としたフォルダ内に移動する。

├── README.md
├── app
│   ├── index.html
│   └── scripts
│       └── bundle.js
├── package.json
├── src
│   └── scripts
│       └── app.js
├── webpack.config.js
└── yarn.lock

ファイル・フォルダ構成はこんな感じ。
README.mdは不要。app.jsに書けばいいだけです。

yarn install

これで必要なパッケージがインストールされるはず。

package.json

{
  "name": "yarn-webpack-react-simple",
  "version": "1.0.0",
  "main": "index.js",
  "license": "MIT",
  "scripts": {
    "start": "webpack -w --config webpack.config.js"
  },
  "devDependencies": {
    "babel-core": "^6.24.1",
    "babel-loader": "^7.0.0",
    "babel-preset-es2015": "^6.24.1",
    "babel-preset-react": "^6.24.1",
    "browser-sync-webpack-plugin": "^1.1.4",
    "webpack": "^2.4.1"
  },
  "dependencies": {
    "react": "^15.5.4",
    "react-dom": "^15.5.4"
  }
}

中身はこんな感じ。

パッケージの説明

落としてきたpackage.jsonからインストールすればいいんですがそれぞれのパッケージの説明を。

yarn add --dev babel-core

https://github.com/babel/babel/tree/master/packages/babel-core

言わずもがな、Babelのコンパイラのコア。

yarn add --dev babel-loader

https://github.com/babel/babel-loader

webpackでES2015構文で書いたファイルをトランスパイルするのに必要。

yarn add --dev babel-preset-es2015

https://github.com/babel/babel/tree/master/packages/babel-preset-es2015

ES2015を扱うためのプラグイン。

yarn add --dev babel-preset-react

https://github.com/babel/babel/tree/master/packages/babel-preset-react

Reactのためのプラグインですね。

yarn add --dev browser-sync

https://github.com/browsersync/browser-sync

もう面倒過ぎて手動でブラウザをリロードさせるなんてできないですね。
しかもwebpack-dev-serverも不要になります。

yarn add --dev browser-sync-webpack-plugin

https://github.com/Va1/browser-sync-webpack-plugin

webpackでBrowserSyncするためのプラグインです。

yarn add --dev webpack

https://github.com/webpack/webpack

Reactのインストール yarn add react ReactDOMもインストール

yarn add react-dom

package.jsonの中のscriptsで何をしているか

"scripts": {
  "start": "webpack -w --config webpack.config.js"
},
yarn start

このコマンドでローカルサーバーを立ち上げwebpackでwatchを行いJavaScriptの変更を監視しコンパイルがはじまります。以前よりもシンプルになってます。それだけwebpackへの依存が増えたってことでもありますね。

webpack.config.json

こちらの方はまだES2015へ移行できてないです。
部分的にはv2には対応させましたがとりあえずは動くのでそのまま。
そのうちES2015的な書き方へ移行させたい。

var webpack = require("webpack");
var BrowserSyncPlugin = require('browser-sync-webpack-plugin');

module.exports = {
  entry: './src/scripts/app.js',
  output: {
    path: __dirname + '/app/scripts',
    filename: 'bundle.js',
        publicPath: '/app/',
  },
  module: {
    rules: [
      {
        test: /\.js[x]?$/,
        exclude: /node_modules/,
        loader: 'babel-loader',
        query: {
          presets: ['react', 'es2015'],
        }
      }
    ]
  },
  resolve: {
    extensions: ['.js', '.jsx']
  },
  plugins: [
    new webpack.optimize.UglifyJsPlugin({
      compress: {
        warnings: true
      }
    }),
    new BrowserSyncPlugin(
                      {
                        host: 'localhost',
                        port: 8080,
                        server: { baseDir: ['app'] }
                      }
                    )
  ]
}

webpack(v2)にして書き直したところです。
これはv1でやっていた時の書き方。

module: {
  loaders: [
    {
      test: /\.js[x]?$/,
      exclude: /node_modules/,
      loader: 'babel',
      query: {
        presets: ['react', 'es2015'],
      }
    }
  ]
},

部分的に書き直すだけで動くようになるみたいですね。
loadersをrulesへ変更しloader: ‘babel'をloader: 'babel-loader'にしました。

module: {
  rules: [
    {
      test: /\.js[x]?$/,
      exclude: /node_modules/,
      loader: 'babel-loader',
      query: {
        presets: ['react', 'es2015'],
      }
    }
  ]
},

サンプルのソースコード

生のReactを知ろう – JSX、Flux、ES6、Webpackを使わず…

こちらで掲載されているコードを参考までに記述しておきます。

/app/index.html

<!doctype html>
<html lang="en">
<head>
<meta charset="utf-8" />
<title>yarn-webpack-react-simple</title>
</head>
<body>
<div id="react-app"></div>
<script src="/scripts/bundle.js"></script>
</body>
</html>

/src/scripts/index.js

import React from 'react';
import ReactDOM from 'react-dom';

var rootElement =
  React.createElement('div', {},
    React.createElement('h1', {}, "Contacts"),
    React.createElement('ul', {},
      React.createElement('li', {},
        React.createElement('h2', {}, "James Nelson"),
        React.createElement('a', {href: 'mailto:james@jamesknelson.com'}, 'james@jamesknelson.com')
      ),
      React.createElement('li', {},
        React.createElement('h2', {}, "Joe Citizen"),
        React.createElement('a', {href: 'mailto:joe@example.com'}, 'joe@example.com')
      )
    )
  )

ReactDOM.render(rootElement, document.getElementById('react-app'))

基本的に、ReactはHTMLをJavaScriptでレンダリングするツールです。

これがよくわかるサンプルだと思います。

少しずつReactの学習を進めていけるようなコンテンツをあげていきます。

今回はシンプルにReactの機能とは何かを学べる環境を作りましたがReduxやReact Routerを少しずつでもいいので学んでいける環境をあげていきます。

shigeki.takeguchi

渋谷の某ソーシャルゲームの会社でフロントエンドエンジニアとして働いてます。20世紀よりウェブ業界。気づいたらアラフィフ業界人です。
まだまだ現場で粘り強く作る側でいたいと思います。

By year

  1. 2017 (10)
  2. 2016 (23)
  3. 2015 (13)
  4. 2013 (15)
  5. 2012 (21)
  6. 2011 (34)

© 2012 shigeki.takeguchi